Archive for 11月, 2014

葉酸はとくに妊娠初期には大切なもの

土曜日, 11月 29th, 2014

葉酸とはビタミンの一種であり、血液を増やすことがあるということです。

葉酸が不足してしまうと貧血になってしまうことがありますが、過剰であっても異常をきたすという報告がないといいます。

食物やサプリメントで摂取してもあまり長く体内に蓄積されている可能性が低く、できるだけ毎日摂取する必要があります。

食べ物で摂取する場合は緑黄色野菜や豆、果物などに含まれているので、できるだけ毎日食べるようにしておくことが大切です。

妊娠初期にはできるだけ多く葉酸食品を摂取しておく方が胎児にもとてもいいといわれています。

神経管閉鎖障害の発症を防ぐことができる栄養成分でもあり、妊娠中の妊婦の体にもいい影響を与える成分でもあるのです。

ただ、摂取しすぎると発熱やじんましんなどを起こしたり、生まれた子どもがぜんそくになったりする可能性もあるので、取りすぎもよくないということです。

葉酸摂取量は1日当たり1mgが理想的だといいます。

食事で摂取するのなら、一日三食の朝、昼、夜とわけて摂取するようにしておきます。

一度に摂取しても過剰に入ってきたものだと体が判断して尿として排出されてしまうことがあるからです。

妊娠初期には貧血にもなりやすい時期があります。

それらをおこさないためにも、しっかりと葉酸を摂取しておくことが理想です。

食べ物でできるだけ取り入れるのがいいのですが、ほうれん草や納豆、アスパラガス、ブロッコリー、モロヘイヤなどの野菜に多く含まれているといいます。

果物なら苺やマンゴー、ほかにもうなぎなどにもとても豊富にあるということです。

サプリメントを食事と併用する場合は葉酸含有量の表示を確認しておくことです。

1日1mgを超えないように気をつけておき、多いと思ったら飲まない、少ないと思ったら補助の役割として飲むなど、そのときによって考えて摂取するといいです。

妊娠中にはとくに食事と運動、そして貧血には気をつけておけなければいけないといいます。

毎日食事内容をメモしておくのもいいということです。

Subscribe to RSS feed