Archive for 11月, 2015

マンスリーマンションの特徴、どのような人に向いているか

日曜日, 11月 1st, 2015

マンスリーマンションについて説明をします。

まず、マンスリーマンションとはそもそも何かについて説明します。

マンスリーマンションと言うと月単位で借りなければならないと思われる方もいると思いますが、最低契約日数が30日間であるというだけでそれ以上の滞在は日割りで計算できます。

つまり、40日間でも契約することが可能です。

マンスリーマンションにはテレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電やベットまで備え付けられているので入居初日からゆっくりとくつろぐことができ、引越しの際に家具や家電などの大きな荷物を搬入する手間も必要ありません。

また、敷金や礼金が必要ない物件も多いので必要な時に気軽に入居でき、簡単に退去することができます。

次に、マンスリーマンションの特徴と活用法です。

沖縄マンスリーの最大の特徴は上記でも説明したとおり家具や家電が初めから備え付けられており、引越しの手間が必要ないことです。

さらに、通常のホテルとは違い部屋で自炊をしたり洗濯をすることが出来るので生活費を抑えることができ、自分の家にいるかのようにゆっくりとくつろぐことができるのも魅力の1つであります。

そんなマンスリーマンションですので、短期や長期で出張をされるサラリーマンの方には最適です。

ビジネスホテルでは狭くて窮屈なこともありますが、マンスリーマンションは普通の分譲マンションの1室を提供されているのでそれなりの広さが確保されています。

それ以外にも入院した家族の介護の付き添いや都会に出て就職活動をする際の拠点として、さらには自宅のリフォームや建て替えの際の仮住まいにするなど、様々な活用法があります。

そんな便利なマンスリーマンションですが、デメリットもあります。

ここでマンスリーマンションのメリットとデメリットについて説明しておきます。

まずメリットです。

長期入居で割引がされるプランが設定されている物件がほとんどですので、長期の出張などで長く利用する場合には料金がかなりお得になる場合があります。

また、部屋を借りる際によく求められる保証人が必要ないので親戚や家族に頼む手間が省けます。

次にデメリットを紹介します。

家具や家電が初めから備え付けられているので、便利な反面インテリアの自由度が低いことが挙げられます。

また、賃貸マンションの家賃等とは違い料金は全額一括払いが基本となっています。

ですので、長期で入居する場合には100万円近くのまとまったお金を用意する必要があります。

このようにデメリットも存在しますが、長期出張となればビジネスホテルよりも格安でくつろげる空間になるので、自分のライフスタイルに合わせて検討してみるのもいいかもしれません。

Subscribe to RSS feed