ダイエット目的の血糖管理

ダイエット目的で、血糖コントロールを始めました。

急激な血糖の上昇を避け、一定の血糖を維持できれば体重の減量につながるという説を某病院の先生の本を読んだことから始まりました。

血糖を下げるのと関係あるのかと思われるかもしれませんが、コントロールは血糖値を下げる方法と重要な結びつきです。

まずは運動

適度な運動が必須になります。

激しい運動は逆効果で、有酸素運動が適しています。

私は、週3回、1回30分くらいをベースにウォーキング、軽いジョギングをしました。

プールなども効果的なようです。

短期間ではなく、長期的にできるように短時間からスタートが良いですね。

糖尿病の方など家で血糖値を測定する方は別ですが、普段は自宅で測定することができないので、実際に血糖値が下がっているのか実感できないので続けるのには少し気合が必要です。

普段運動をされていない人には習慣化するには大変かと思いますが、効果は必ずあります。

糖尿病予備軍であった祖母は歩くことを心がけるようにし、数カ月で正常値に戻っていました。

元々高めの血糖値の方は下げるのに少し時間がかかると思いますが、気長に頑張ることが大切だと思います。

食事の管理は重要

私は食事をメインに徹底的に管理しました。

それは低糖質ダイエットです。

糖質類は血糖値を容易に上昇させます。

糖質が入っているものがだめなので、ごはんはもちろんパンや麺類もだめです。

私は徹底的にしたかったので、主食となるものはすべてカットしました。

他にも糖質が入っているものは多く、イモ類も入っていますし、醤油や味噌にも入っています。

ただ糖質が血糖値を上昇させるので、その他は何を食べても大丈夫です。

私は主に豆腐やサラダ、チーズにぶたしゃぶなどを沢山食べていましたので、夕食後に何か物足りないなと感じることはありませんでした。

こんなに食べて血糖値が上がらないのだろうかと疑問に思ったので、実際測定してみました。

一回だけの測定だけでは疑問に残るで、数日間に渡って夕食後の血糖を測定してみました。

血糖値平均100~120㎎/dlでした。

本当に上昇していないのに驚きです。

どうして測定することができたのかと思われる方もいらっしゃると思いますが、仕事が医療関係ですのでそれを利用しまして検査致しました。

糖質がどうしても摂取したい時にはとても良いものがあります。

インターネットやスーパーマーケットなどでも購入できると思いますが、血糖値を上昇させてない砂糖があるんです。

シロップも売っていました。

特殊な砂糖になるので、やはり一般的に売っている砂糖より割高になります。

私はどうしても甘いものが食べたいとなったときに、安く売っているおからにその特殊な砂糖を混ぜておからクッキーを作りました。

意外にも美味しいで食べすぎてしまいますが、特に問題ないです。

おからクッキー摂取後も血糖値を測定してみましたが、平均値以上の血糖値の上昇はみられませんでした。

私の場合は元々血糖値が高いわけではなかったので、血糖値上昇をさせずいかに平均の値でキープできそれによって体重減量につなげるというものでした。

ただ血糖値が高い方もこの運動療法と食事療法はとても有効です。

実際に血糖上昇がなく体重減量につながったので、一般の方にどうしたら血糖値が下がるかな、どういった食べ物がいいのかなと質問されたときにすすめています。

血糖高値にも、薬が原因なのか病気が原因なのか食生活が原因なのかでもまたかわってくると思います。

食生活が原因で血糖高値となった場合は食事療法は苦痛なので、一食分の炭水化物をやめるなど簡単にできることからすすめています。

少しのことでもこういった食事療法を継続していけば必ず血糖値は下がっていきます。

Comments are closed.

Subscribe to RSS feed