紫外線によるお尻の黒ずみについて

お尻でも紫外線によって黒ずみが出来てしまう

お尻は普段隠れている部分なので、紫外線による黒ずみはないのではと考えている人は多いのではないでしょうか。

実はお尻黒ずみの原因の一つとして紫外線によるものがあります。

普段隠れている部分だからこそ、なぜ紫外線によって黒ずみができてしまうのかが不思議になります。

ではなぜ、隠れている部分でも黒ずみができてしまうのでしょうか。

衣類によって隠れている場合、露出している部分に比べると紫外線によるダメージは少ないです。

ただ絶対に紫外線を浴びないのかというとそれも違い、紫外線が強い時になると衣類を通して肌に届いてしまいダメージを与えます。

しかし多きな紫外線によるダメージではないため、黒ずみ発生するほどではありません。

そのため服を着ている部分と着ていない部分で日焼けの状態が大きく違ってきます。

しかし、お尻の場合ちょっとした紫外線だとしても黒ずみ発生の危険性が出てしまいます。

普段から刺激を受けているお尻は、他よりもメラニン色素の生成が多くなっています。

そこに紫外線によるダメージを与えてしまいますと、よりメラニン色素が多くなり排出が間に合わない可能性が出てしまいます。

そのためちょっとした紫外線だとしても黒ずみが発生してしまいます。

お尻の黒ずみは、紫外線も予防していくことが発生回避のためにも必要です。

紫外線によるお尻黒ずみの予防方法とは

お尻の黒ずみは紫外線でも発生してしまいます。

そのため紫外線の予防もしていかなければいけないのですが、ただ普段から服に守られているお尻だからこそどのように予防していけば良いのかが疑問となります。

ではお尻の紫外線予防はどうしていけば良いのでしょうか。

紫外線予防としてとても大事になるのが、どのような衣類にするのかです。

紫外線がとても強い時期になると通気性の良い衣類になります。

蒸れないためにも大事なことなのかもしれませんが、しかし通気性が良くなるとそれだけ薄く空気を通す穴が大きくなってしまいます。

そうなれば、空気を通す穴だけでなく衣類から直接紫外線が通過してしまうため、紫外線を浴びやすくなります。

なので暑くても紫外線予防として厚手の生地が使われている衣類がおすすめです。

これだけで十分ではなく水着になるとどうしても露出する部分が出てきてしまいます。

そのため紫外線を浴びた時のケアも必要となります。

保湿や生活習慣が乱れないようにすることでケアが可能となります。

お尻の黒ずみの治療は大変です。

十分すぎるほどの予防そしてケアをしてできるだけできないような環境を作っておきましょう。

Comments are closed.

Subscribe to RSS feed